ユチョンと空の下

日々の思いを綴ります

新天地にて


昨日 ユチョンが生出演したテレビやラジオ

後からアーカイブで堪能しました

 
f:id:aeri-5:20201013090920j:plain
 
f:id:aeri-5:20201013090928j:plain

ユチョンさん
めっちゃ きゃいきゃい言われてた ( ´艸`)

芸能人だもの
ファンの黄色い声援は栄養分
さらに大きく成長して下さい ^^

 

f:id:aeri-5:20201013090939j:plain

和気あいあい

新鮮な気持ちで 慣れないことも楽しんで取り組んでいるような感じ

 

番組に出演して 歌ってるユチョンを見て

果てしなく高いと思われたハードルを

新天地で やすやすと(と思わせるのがプロ)越えてきたなと

感慨深いと同時に 想像以上に順調な滑り出しに若干拍子抜け

流れが良い時は進むべき時 みんなの応援を良い後押しに変えてね!

 

 

ロシアのオペラ歌手 フョードル・シャリアピン

f:id:aeri-5:20201013090959j:plain

「聴衆が期待しているときに呼吸(いき)をつかず、いつ呼吸をついたかを聴衆に気づかせないで、ひとくぎりを一つの呼吸で歌ったと信じさせる」

 

という教えを

ローレンス・オリビエが 演劇にも取り入れ 自ら実践
ヴィヴィアンにも そのように助言したといいます

f:id:aeri-5:20200903161620j:plain

無敵艦隊

 

というエピソードを

ユチョンの新曲の ラップ部分を聴いてて思い出す

いつ息継ぎしてるのか分からない

音域広いね 良い声だ♡

 

 

中学の時 在籍していたブラスバンド部に

地元の交響楽団のホルン奏者の方が お話をしにいらっしゃった事があり

 

鍛錬を重ねると
鼻から息を吸う 口から息を吐く という動作を同時にできるようになるらしく

結果 体力の続く限り ひとつの呼吸で演奏し続けられるそう

服の上から横隔膜を触らせて貰ったら 脇腹の方まで空気で膨らんでいて

プロってすごいなと感動しきり

 

というエピソードも

ユチョンの新曲の ラップ部分を聴いてて思い出す

いつ息継ぎしてるのか分からない

音域広いね 良い声だ♡