ユチョンと空の下

日々の思いを綴ります

ユチョンと夜と霧

 

またまた今月もやってきた 無料サブスク更新

いつも手こずるのですが

今回も iphone では上手くいかず PCの Edgeブラウザで 無事更新完了

何なんでしょうね

 

 

ユチョンさん

2週間の隔離期間が明けたら

ギガスタアップしてくれるでしょうか

 

代わりにオフィシャルから画像が (^^♪

f:id:aeri-5:20200930094241j:plain

夏休みの少年 みたいな

虫取り網と虫かご持たせたい

 

さすがに来月9日の会見までに さらに髪を切るってことはないでしょう

分からないけど💦

 

 

 

先日のストリーミング

自分は遠く離れていて 食べられないオンマのご飯に

スプーンを添えた写真を送ってきたユチョン

f:id:aeri-5:20200930111506j:plain 

これを見て 

本当に どんな状況でもユーモアを忘れない人だなぁと

つくづく感心

 

 

なんとなく

ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』を思い出し・・・

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

 

フランクルが 自身のナチス強制収容所での体験を元に著したもの

 

収容所の極限状態に置かれても

なお人間性を失わず 他者への優しさを忘れず

ささやかな出来事にも 喜びを感じ取って生きた人や

 

現実には相手は亡くなっていても 

その最愛の人との素晴らしい記憶によって

生きる力と喜びを枯渇させることなく 絶望せずにいる人

 

もちろんそういう人ばかりではなく 彼らが稀有な存在だからこそ

そこに読み取れるものは大きい

 

 

去年はめまぐるしくて気づかなかったけど

フランクルが書き記した稀有レベルの人 身近にいた!

他者への優しさを忘れず~あたり 特に

 

自分に余裕がある時ならまだしも

過酷な状態にいる中で 他人を思いやったり 

まして 誰かを楽しい気分にさせようなんて

 

私には あと何回か生まれ変わっても難題に思えるけど

そういうことをできる人が この世にはいるって知って

自分もそうあろうと 心に置いておけば
 
フランクルの教えてくれた人々も 遠い存在ではなくなるはず